読書 アドラー心理学

本当に久し振りに一冊の本を手に取りました。
しかも、何故か『アドラー心理学』なる難しい本でした。

某TV局のアドラー心理学についての番組を見たのが、興味を持った始まりでした。
対人関係とか、課題の分離とか、嫌われる勇気とか、、、

女房に話すと、早速図書館から借りて来てくれました。
読み始めるとドンドン引き込まれて行きます。

こんな考え方も有るのかと、共感できるヶ所、中々理解できないヶ所、、、
もっと早くに出逢っていれば、もっと楽に的確に幸せな人生を送って来れたかも知れないと思える記述も、、、、
もっと若い頃に、子育ての頃に、嫌な対人関係を解決するのに、出会っていたかった一冊ですね。

全てを理解するには、此れまで生きて来た人生の半分の年数が掛かるとも書かれていました。

もっと読み直しかったのですが、私の後待っている方が6名もいました。
やむなく返却しましたが、出来れば又読み直したい一冊ですね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック